緊急事態! 言葉が通じない!!

目が覚めると、私は固いベンチの上でうずくまっていた。 大きな室内で、周囲には人の気配がする。 どうやら駅の待合室のようだ。

私は都内在住の会社員で、昨夜帰宅すると、シャワーを浴びて床に就いたはずだった。 それが、なぜこのような場所にいるのだろう。

向かいに座っている人と目が合った。 「すいません。ここはどこですか?」 相手は答えず、代わりに怪訝(けげん)そうな顔をして肩をすくめた。 次に、隣りに座っている人に同じ質問をした。 彼もまた首を振って、同じように肩をすくめた。

(一体どういうことだ?) 私は一瞬、頭の中が白くなった。 (とりあえず落ち着け。 これは何かの間違いだ。)

ズボンの右ポケットに愛用のスマートフォンがあった。 天の助けと思い起動させたが、バッテリー切れと圏外の表示が、淡い希望を深い失望に変えた。

枕代わりにしていた小さな鞄があった。 中には財布とクリアファイルが入っていた。 財布にはクレジットカードと20万円相当のトラベラーズ・チェックが、ファイルにはパスポートと何かの書類がはさまっていた。

パスポートもカードも間違いなく自分の名義だ。 しかもトラベラーズ・チェックには自筆のサインまで入っているではないか。 ますます訳が分からない。

真新しいパスポートを開いて私は目を疑った。 最初のページに日本からの出国スタンプと、ローマ国際空港の入国スタンプが押されていたのだ。

(まさか、私はイタリアにいるのか?)

最後に、ファイルにはさまっていた書類を開いてみた。 A4サイズの薄い冊子で、表紙には『サバイバル・フレーズ イタリア語』と書かれていた・・・

ライフジャケットのような会話集

突然、唐突なお話で失礼しました。 こうした出来事というのは滅多に起こりませんが、当サイトの主旨をご理解頂くために、あえて冒頭に提示しました。

この時の『私』が置かれた状況は、例えて言うなら、川遊びで深みに足を取られた子供のようなものです。 水に落ちたら泳がなければいけません。 泳ぎが下手でも、泳ぎ方を知らなくても、とにかく手足を動かさなければ溺れてしまうからです。

言葉の分からない『私』が、いきなり手ぶら同然で異国の地に放り出されました。

それでも、誰かに事態を説明して、助けてもらわなければなりません。 お腹が空いたら、何かを食べなければいけませんし、疲れた身体を休めるために、宿を確保しなければなりません。 家族や職場に連絡を取らなければいけませんし、どこかに移動するには切符を手配しなければなりません。 何をするにしても、先立つものが必要です。 手元にはトラベラーズ・チェックがありますが、換金しなければ使えません。

もし皆様が冒頭の『私』のような状況に置かれたとして、ピンチをしのぎ、無事帰国するために、理屈抜きで必要な内容を備えた会話集があったなら、どれほど心強いでしょう。 簡潔にして要を得た『ライフジャケット(救命胴衣)のような会話集』それを目指して製作したのがこれからご案内する『サバイバル・フレーズブック』です。

初級未満『サバイバル級』対応

昨今、巷には良質で安価な外国語の教材があふれており、語学を修得したい人にとっては恵まれた環境が整っています。 その中で、あえて『サバイバル・フレーズブック』をご提案するのには理由があります。

語学には『読む・書く・聞く・話す』と四本の柱がありますが、物心がついて、初めて日本語を使った場面を想像してください。 相手の事情などお構い無しに、自分の気持ちや疑問、要求を一方的に伝えるところから始めたでしょう。 読み書き以前、会話のキャッチボールもままならないこの段階を仮に『サバイバル級』と呼ぶ事にします。

私の印象ですが、市販の語学教材の多くは『サバイバル級』を飛び越えた水準で、読み・書き・会話に入っています。 乳幼児に小学生の学力を求めているようで、せっかくの素晴らしい内容が、かなりハードルの高いものに感じられます。

もう一つ気になるのが、外国語会話集の内容量です。 語句だけでなく、観光や文化の解説も充実していて読み応えがありますが、必要な情報を探し出すのに時間を要するため、サバイバル(緊急)な状況下での即応性が犠牲になっています。

質の高いコンテンツでも、消化不良でつんどく(積読)になったら無駄な出費ですし、詳細な解説やカラフルな写真・イラストも、緊急時ではかえって邪魔になります。 その点『サバイバル・フレーズブック』はどなたでもすぐに使用可能な内容と分量です。

サバイバル級  初級     中級     上級      ネイティブ級

  ↑ 

さて、私は情報機器・電子部品のエンジニアとして、またバックパッカーとして、これまでアジア・欧米・旧ソ連・中東・アフリカ・南米など、計七十数ヶ国に渡航し、日本語も英語も通じない、冒頭のエピソードに近い状況に何度も遭遇しました。

その際、たとえ流暢でなくても、大した内容でなくても、渡航先の言葉が話せたら、どんなに便利で心強いだろうと思った事は、一度や二度ではありません。 実際、英語に少し現地語を加えるだけで、相手の自分に対する反応や態度が変わるので、色々と協力を取り付けたり、話を進めやすくする事ができました。

グローバル化が急速に進展する昨今の状況下、今後はビジネスや旅行だけでなく、生活の基盤を海外に求めるケースも増えていくと思われます。 それに伴い、即座に使える『サバイバル級』の語学スキルに対する需要が大いに高まると考え、自らの経験を踏まえてコンテンツを製作しました。 結果として、本格的な外国語学習を志す全ての方に、最初の足掛かりをご提供できたのではないかと思います。

サバイバル・フレーズ イタリア語

本書は、海外に渡航された皆様が、現地語によるコミュニケーションが必要となった時、即座に役立つことを目指した、使えてなんぼ、通じてなんぼ、実用本位の会話集です。 その観点から、日本語とイタリア語に英語を加えた三ヶ国語表記にしております。

簡単な挨拶や自己紹介に始まり、出入国の手続き、宿泊、食事、移動、通信、両替、買物、交渉、さらには緊急時における対処に必要な語句をコンパクトにまとめています。 内容量が多過ぎると実用性が損なわれますが、本書では筆者の実体験に基づいて、分量と使い易さとが最も釣り合うバランスを追求しました。

左側に日本語と英語、右側に現地語とそのカナ読みが記載されています。 読み上げて相手に意図を伝える事も、必要な箇所を指で示して、身振り手振りで伝える事も可能です。 また、あらゆる状況に応用の利く、簡潔な文と厳選した重要語句を集めておりますので、イタリア語を学習する第一歩としてもご利用いただけます。 

実質32ページで、両面コピーを使えば、わずか16枚におさまります。折りたためば、旅のお供にも、通勤通学のお供にも、決して邪魔にはなりません。 シンプルなPDFファイルなので、パソコンやスマホ、タブレット端末で閲覧する事も可能です。

いつでもどこでも、誰でもどのようにでもご利用頂ける道具(ツール)です。

内容と構成、音声テキスト

『サバイバル・フレーズブック』は以下の内容で構成されています。

学習効果を高めるため、MP3の音声テキストを用意しております。

   ページ   内容

  3   挨拶・自己紹介

  8   数字

  9   時間・日付

  11  確認

  12  緊急事態

  13  出入国・税関

  14  ホテル・宿泊

  17  レストラン・食事

  19  移動・交通

  23  インターネット・通信

  24  銀行

  25  郵便局

  26  買物

  28  観光

  31  警察

  32  病院

無料サンプルのご提供

コンテンツをより深くご理解いただくため『韓国語編』を無料公開中です。

こちら『サバイバル・フレーズブック・シリーズ』紹介ページをご覧下さい。

ご購入の手続き

コンテンツはPDF形式、全35ページの電子ファイルで、価格は税込1200円です。

詳細は、ご購入手続き のページにてご案内いたします。 (下の画像をClick!)

語学の道は一日にして成らず・・・ だけど今すぐ必要な皆様のために